ページトップへ

司法書士・土地家屋調査士・行政書士業務のトータルサポート

新着情報
中央登記 メールマガジン無料登録

成年年齢は18歳になります🌳

令和4年4月1日

明治9年以来、日本における成年年齢は20歳とされてきました。

民法の一部改正により、今日から、成年年齢は18歳になります。

同時に、女性の婚姻開始年齢は18歳に引き上げられ、男女ともに18歳に統一されます。

近年、公職選挙法の選挙権年齢が18歳に引き下げられるなど、

すでに18歳・19歳の方も国政に参加できるようになっていますが、

市民生活の基本法である民法においても、

成年年齢が引き下げられたというわけです。

 

☆彡改正法についてのQ&A

改正前にすでに、『子が成年に達するまで養育費を支払う』という合意がされている場合、支払期間は短くなってしまうのか?

このような場合でも合意がされた当時の成年年齢が20歳であったこと、支払期間や支払総額を決めるにあたって考慮した事情が、成年年齢の引下げによって変わるわけではないことからすれば、改正により成年年齢が引き下げられたとしても、一般的には養育費の支払期間が変更されるものではなく従前どおり20歳まで養育費の支払義務を負うことになると考えられます