ページトップへ

司法書士,土地家屋調査士,行政書士業務 名古屋市の中央部 金山総合駅より徒歩5分

合同会社(LLC)の設立

合同会社(LLC)を設立する

合同会社(LLC)設立の流れ

大まかな会社設立の流れを説明します。
どんな手順なのかを頭に入れておきましょう。

会社概要の決定および印鑑証明書の取得

会社の設立を進める上での必要な事項を決めます。
社員(出資者)、商号、本店所在地、事業目的、資本金額、事業年度など
また、以後の手続きに必要なりますので、社員や代表社員の印鑑証明書も取得しておきましょう。

類似商号、事業目的の適否のチェック

同一の住所に同一の商号が既に存在していないか、事業目的が法律で規制されたものでないかを、会社の本店所在地を管轄する法務局でチェックします。

印鑑の作成

これから会社を運営していく上で必要になる各種印鑑を作成しましょう。

定款の作成

定款とは会社の基本的なルールを記載した決まりごとのことです。
会社の「憲法」ともいうべき決まりごとです。

※合同会社の設立においては、定款認証は不要です。

金融機関へ資本金の払い込み

定款に定めた出資額(資本金)を発起人(出資者)の名義で振り込みます。
振り込んだ際、その通帳の表紙、裏表紙(口座名義人・支店名等が記載されているページ)、入金の確認が取れるページのコピーを取り資本金が振り込まれたことを証明する「払込証明書」を作りましょう。

法務局へ登記申請

本店所在地を管轄する法務局へ登記申請を行います。

設立完了

会社設立後の諸届け

税務署や社会保険事務所などへ各種届け出を行う必要があります。
※提携税理士・社会保険労務士の紹介も可能です。

費用 概算 16万5,000円から (完了後謄本及び印鑑証明書各3通取得費用を含みます。)