ページトップへ

司法書士・土地家屋調査士・行政書士業務のトータルサポート

裁判

裁判

相続放棄・財産放棄とは

簡易裁判所で扱う事件のうち、司法書士が訴訟代理できるのは民事事件のみです。
簡易裁判所で扱う民事事件の上限が140万円であることからも、案件は日常的な事柄から発生しており、誰でも当事者(申立人または相手方)になる可能性があります。
事前にご相談をいただければ、事案によってはまず内容証明郵便などによる解決をめざすことが適切な場合もあるでしょうし、また、裁判になることもあります。

司法書士が代理人となる意義

簡易裁判所には、簡易・迅速に処理する特別な手続があるとはいえ、一般の方が、平日裁判所に出向いて申立をしたり、または相手方となって反論したりするのは時間的にも、また自分の主張したいことを法律的に整理して述べるのも大変なことです。
司法書士は、こうした方々のために代理人となって法廷に出廷し、弁論や証拠調べなどを行ったりします。

たとえばこんなときにご相談ください。

なお、ご相談いただく際には、関連すると思われる書類一式をお持ちください。

貸金返還請求
お金を貸したが返してもらえない。
敷金・保証金返還請求
退去したが、敷金負担につき納得できない。敷金を返してもらえない。
債務不存在確認請求
覚えのない金銭の支払請求を受けた。自分には支払義務のない事を明白にしたい。
家賃不払請求
建物を他人に貸しているが、家賃を数ヶ月にわたり滞納しているので、借主を追い出したい。